【解説】元SDNの光上せあらさんはなぜ炎上した?

記事内に広告を含みます

新米お父ちゃん
新米お父ちゃん

この記事では元SDNの光上せあらさんが炎上した「子どもが触ったサンドイッチを全買取した件」について、炎上理由を簡単に解説させていただきます。

光上せあらさんが炎上した理由

自身の失敗談(子供たちの監督不足)を踏まえて、「今の社会は子育てママに厳しすぎる」と主張したことに対して、ネットから批判の声が上がったようです。

ことの発端はアイドルグループ(SDN)元メンバーの光上せあらさんのAmebaブログ「子供達が触ったもの全買取。」の記事にて。

3人の子供達と病院に行った際に、
お子さんが触ったことで「型崩れしたサンドイッチ(1,330円分の商品)」を買取ることになった経緯をブログで告白。(2024年3月5日)
⇨商品の買取りは店側からの指摘で気が付いたとのこと。

翌日(2024年3月6日)に、再びAmebaブログにて「子育てママに世知辛すぎない!?」をブログで更新。
光上せあらさんは記事内にて「今の社会は子育てママに厳しすぎる」と考えを主張。

さらに、
「でもお店からしたら親の監督不足であり、商品にならなかったらそれは営業妨害だからさ、、 買い取るけど、子供達が触るもの全部はかいとれないし、そこの基準をもう少し甘くしてほしい」
などと不満をブログに記載しておりました。

その後、ネット上では光上せあらさんが訴えた内容に対して賛否沸騰となりました。
ネット上の一部の意見を抜粋して紹介させていただきます!

批判の声

ネットの声
ネットの声

触ったもの全部を買い取れといっているのではなく、
触ったり触れてしまったことによって商品の価値がなくなったものには

親が責任を持ちましょうってことだと思います。

ネットの声
ネットの声

大変なのはわかります。
全部面倒見きれないのもわかるし、有り得ると思います。
でも仮に逆の立場で、誰ともわからん他人の子が触って崩れたパンを買いますか?って言われたら私は買いたくはない。
となると店側は売れないしただの損失でしかないです。
店もボランティアじゃなく商売であり、それが従業員の賃金になり生活に関わっていくって考えれば「子育てママに厳しい」とかそういう問題ではないとわかるはずなのですが…。

理解を示す声

ネットの声
ネットの声

子育て大変ですよね。
うちもワンオペ年子です。
うちは買い物でも騒いだことないですが、さすがにカフェは行かず大きな病院などはお菓子持参していました。

ネットの声
ネットの声

うちも、年子です。
もう、2人とも大きくなったのですが、2、3歳の時が1番大変だった気がします。
叱っても、そりゃわからないしね。
どうしても、手を離さないといけない時、ってありますよね。とても、気持ちがわかります。

まとめ

元SDNの光上せあらさんが炎上した件についてまとめてみましたが、皆さんはどのように思いますか?

新米お父ちゃんとしてはワンオペ育児の管理不足・事後の対応などで炎上するほどの問題ではなかったと思います。
どちらかというと主張内容に対して保護者としての甘さが見えていた部分が、ネット上の反感を買ってしまったような気がしますね。

新米お父ちゃん
新米お父ちゃん

同じような経験をされたご家庭は世の中にたくさんあると思います。
これから皆さんが生活しやすくなるような、支え合いが生まれると良いですね!